> 
機能不全家族とは

機能不全家族とは

機能不全家族とは
機能不全家族とは、「家庭内に備わるべき機能が働いておらず、健全な家族関係が形成できていない家庭」の事を指して言います。
また、機能不全家庭と言われる場合もあります。
アダルトチルドレンの始まりでもある、アルコール依存者がいる家庭というのも機能不全家族に該当します。
依存者に限らず、家庭内で不法行為やネグレクト(育児放棄)、虐待などを起こす人間がいる場合は機能不全家族と言えるでしょう。
機能不全家族の問題は、現状の家庭内で起こっている事象はもちろん、機能不全家族内で育った子供が大人になった時に問題を抱えるという部分もあります。
これらの事より、機能不全家族とアダルトチルドレンは原因と結果という関係性でもあります。
また、機能不全家族は連鎖するとも言われています。
アダルトチルドレンが家庭内で健全でいられないことがあり、それが原因で機能不全家族になることがあるからです。

機能不全家族の特徴

  1. 身体的虐待、性的虐待、精神的虐待があった
  2. 機能不全家族で代表的なのは虐待のある家庭です。
    虐待はどのようなものであれ、精神的なダメージが大きく、その後の精神状態に大きく影響します。
    これは、問題に対しての行動選択や、思考や捉え方を歪んだものにしてしまいます。
    結果的に社会への順応が難しく、本人が苦しむ事となります。
  3. ネグレクト(育児放棄)があった
  4. 子育ては家庭内に当たり前にある機能です。
    子供が成長するには、育児をする人間が必須で、一人で成長していくという事は難しいことです。
    親も人間ですので子供に対して面倒だと感じることがあるかも知れませんが、行き過ぎるとネグレクトとなってしまいます。
    完全に育児放棄をするケースも有り、子供が家に閉じ込められ、食事も与えられないということもあり、生命に関わってくる問題でもあります。
  5. 過保護や過干渉があった
  6. ネグレックトとは逆で、子供が大事なために過保護や過干渉の場合も機能不全家族になる場合があります。
    家族といっても関係性にボーダーラインが無いと、密接になりすぎて不都合が生まれる事もあります。
    また、子供をコントロールしようとする行為も過干渉になることがあり、子供は自分で判断する事が出来なくなってしまいます。
    過保護や過干渉の問題は、子供の精神的発育に悪影響を与え、健全な大人の心を形成できないという部分です。
    「何でも他人がやってくれる」「何でも他人が決めてくれる」というような考えになり、大人としての責任を果たす事が難しい人間になってしまいます。

近年、虐待やネグレクトは増加の一途をたどっています。
ニュース等で報道される事が増えたせいか、通報数も増えています。
機能不全家族は対外的に一見してわからない事も多くあり、子供にとっては安全地帯のはずの家庭が、実は危険地帯になっているという事もあります。 また、このように機能不全家族は子供に対しての影響が大きく出ますが、現在では老人虐待なども多くなっています。
高齢化と共に、子供の頃に受けた苦しみを仕返すという家庭もあり、更なる問題にもなっています。

今現在、機能不全家族で育っている場合

機能不全家族は、一見だけだと外からは分からない事が多くあります。
外面は良く見えるのに、家庭内で強固な秘密となるルールが存在する事があるからです。
特に精神的虐待は、外からは分かり難く、虐待されている本人が訴えなければ明るみになりにくいものです。
そのような過剰な機能不全家族は生命に関わる場合もあります。
もし、自分が機能不全家族に苦しめられている場合は、まず自分の身を守ることを考えてください。
誰かに相談するだけでもかまいません。家庭から逃げられるのならそうしてください。
また、相談窓口も国や自治体にありますので利用する事も考えてください。
オレンジリボン運動 - 子ども虐待防止
家族から離れられなければ、児童相談所や警察に訴え出なければならないケースもあります。
家族は本来、助け合い支え合うものです。それが出来ていないという事は異常なことであり、声を上げなければ自分が苦しい思いをするだけです。
まずは、最悪のケースになる前に、今の危険地帯を脱出する方法をとってください。

また、家庭から回避するほどでもないケースでも、精神的ケアは必要です。
家庭内の不和やネグレクトなどがあっても、子供が生活することには困っていないという事は良くあるケースです。
ですが、精神的な成長が不適切になってしまう事もあります。
子供が自分自身で本当に何が正しいのかを判断できなければ、大人になって認知や思考に問題を抱える事となります。
友人や先生、学校カウンセラーなどに話しをしてみる事も必要です。
大切なのは、一人で抱え込まない事です。
助けになってくれる人は必ずいます。諦めずに探すことをして下さい。
自分ひとりで解決できない問題も、助けがあると改善に向かう事は可能だと思います。


更新日:








pagetop