> 
アダルトチルドレンと自尊心

アダルトチルドレンと自尊心

アダルトチルドレンと自尊心
アダルトチルドレンの方は自尊心が低い傾向にあります。
子供の頃に感情的抑圧があったために、自己の確立が出来ておらず、自己否定的になるためです。

そもそも自尊心とは、
自分の存在を正しく認識し、自分を肯定する無意識に近い思考や感情
引用:自尊心
の事です。
アダルトチルドレンの子供の頃は様々な環境が考えられますが、共通して言えることが「子供らしく過ごせなかった」という事が言えます。
これは、自分らしさを見つけることが難しい環境ともいえます。
そのため、大人になっても自分のことが良く分からず、自分を受け入れることが難しくなります。
まさしく自尊心が低いという事と繋がっているのではないでしょうか。
アダルトチルドレンが原因で自尊心が低いという見方も出来るのではないでしょうか。
また、自尊心は高める事が可能なものです。
自尊心が高まればアダルトチルドレンの克服にも繋がっていきます。

自尊心を高める方法

自尊心を高めればアダルトチルドレンも克服できるのではと書きましたが、では自尊心はどのようにすれば高める事が出来るのでしょうか。 いくつか考えてみましょう。

自分を正しく知る

まずは、自分を正しく知る必要があります。
そのためには、周りを良く見て話しを聞く事が近道です。
自己評価というものは自分の中のことですので、個人差が大きく出ます。
過小評価をする人もいれば過大評価をする人もいます。
これはどちらにしてもその人的には正しい評価です。
それよりも、他者評価と比べたときにその差が大きいと問題となります。
自己評価が他者評価より大幅に低いと、自信を持って行動する事が出来ず、自分を信じることが出来ない状態になります。
自己評価が他者評価よりも大幅に高いと、他者評価を受け入れられず、自分を大きく見せようとしたりします。
自己評価と他者評価が一致している事が大切という事ですね。
そのためには、 自分の評価が酷評となっていないか?
他人の評価はどのようになっているのか?
を考える事が今の自分を正しく受け入れるということです。
特に、他者評価は他者に聞いてみる以外に方法がありません。
相手が自分のことをどう思っているかを汲み取るためにはコミュニケーションを取る事は大切な事です。

今の自分を肯定する

自分を肯定するとはどのような事でしょうか。
まず、アダルトチルドレンの方は、自己評価が低い傾向にあります。また、他者からの評価をネガティブに捉え、受け入れることが難しくなっている傾向もあります。
これは、子供の頃に認められる事が少なく、承認欲求を満たす事が出来ずに大人になったためです。
承認欲求が満たされないと、本来の自分が分からなくなっていきます。
そして、他人から認められない自分を酷評し、理想の自分を追い求めようとします。
ですが、今現在が理想の自分ではないので認められない状態になります。
理想と現実の境界線が無く、今現在で同じものと考えているという事です。
例えば、「誰からも認められる仕事がしたい」と思ったとしましょう。
アダルトチルドレンで自尊心が低いと、『今それが出来ていない自分はダメだ』と落ち込む傾向にあります。
ですが、自尊心が高いと『今の自分はこのぐらいでどのようにすれば認められるか』を考えます。
これは今の自分を正しく認識しているから出来る事です。
今の自分は今の自分以上でも以下でもありません。
それが理想ではなくとも、否定するものではありません。
もし否定できるものがあるとすれば、過去の自分です。
ですが、過去の自分を責めたところで何も変わりません。
そこから反省をして、未来につなげていくことが大切ではないでしょうか。

このように、アダルトチルドレンの克服方法に近い部分もあります。
自尊心の向上はアダルトチルドレンの克服に繋がっています。
そして、自尊心は自分で高める事が出来るものです。
自己評価と他者評価に関して少し考えてみる事も良いかもしれません。


更新日:








pagetop