> 
アダルトチルドレンが引きこもりになってしまう原因

アダルトチルドレンが引きこもりになってしまう原因

アダルトチルドレンが引きこもりになってしまう原因
アダルトチルドレンの方は、子供の頃に抑圧があり、対人関係を上手く構築できない環境にあることがあります。
親や家族から抑圧があると感情表現が出来ず、家庭外でも自己表現が出来なくなる事があります。
それが元で、相手に理解されず、迫害や孤独を味わいます。
更に人間関係に対して臆病になってしまい悪循環となります。
極端なケースだと社会に適応が出来ず、引きこもりになる事もあります。
出来れば対人関係が悪化する前に対処をしたいものです。

アダルトチルドレンが引きこもりになるケース

ここで、アダルトチルドレンが引きこもりになってしまう一例を見てみましょう。
事例:
A子さんは、子供の頃から厳しい躾の元で育ちました。
わがままを許されず、感情を抑圧して成長していきました。
小学校に上がると、色々な人がいて感情表現をする人に嫌悪感を覚えたこともあります。
中高大と仲のいい友達は数人いましたが、本当の自分の気持ちを伝える事は少なく、相手に合わせることが癖となっていました。
社会に出て、多忙な毎日を送るようになりましたが、真面目な性格が功を奏し様々な仕事をさせてもらう事が出来ました。
ですが、感情を表に出さない癖が相手に誤解を招き、過剰な仕事を請け負う事となります。
それでも一生懸命に仕事をこなすものの、ある時、上司の心無い一言で心が折れてしまいます。
仕事も休みがちになり、抑うつ状態になってしまいました。
部屋に引きこもることが多くなり、以前は楽しかった事も楽しめなくなってしまいました。
このように、子供の頃の抑圧が対人関係に及ぼす影響は大きいものです。
相手を気遣う事は大切ですが、自分を蔑ろにしてしまうと自滅してしまいます。
徐々にではありますが、自分を大切にし、感情を表現する事でコミュニケーションを取る練習をすることが大切です。

引きこもりにならないために

引きこもりにならないようにするには、気持ちの切り替えと感情表現をすることが大切です。
ですが、このようなアダルトチルドレンの方は、感情表現をすることが「悪」だと自然に感じてしまうことがあります。
まずは、その認知を変える必要があります。
本来、人間同士は助け合い、ぶつかりながら関係性を築いていきます。
これは、どちらも悪い事ではなく、ごく自然な行いです。
ですが、相手を気遣うあまり言葉に出来ない事や、相手から言われた事をネガティブに捉える事もあります。
その時は、気持ちの切り替えが必要です。
相手を気遣うために伝えたほうが良い事もあるはずです。
相手のネガティブな言葉は自分が捉えた意味ではないかもしれません。
違う見方や発想をして、疑問に思うことで相手を知りたいと思うはずです。
これが対人関係を上手く行かせる第一歩です。
相手に興味を持ち共感する事で、どこまでがOKでどこからがNGなのかが分かります。
それが分かれば相手との距離を恐れる事はありません。
もちろん、親しい仲にも礼儀は必要です。
ですが過剰に回避や防衛をする必要もありません。
世の中はそんなに悪い人間ばかりではありません。
少し心を開いてみることで世界が変わるかもしれません。

対人関係が苦手というのは悪い事ばかりではない

対人関係が苦手だという事は悪い事ばかりではありません。
アダルトチルドレンで対人関係が苦手だという事は、子供の頃に何らかの抑圧があり、それを回避するために人と関わらない癖が付いたものだと考えられます。
ですが、おそらくその原因となった出来事は「相手や自分への優しさ」がそうさせているのではないでしょうか。
優しいがための回避と言えます。
実は、相手を傷つけたくなくて対人関係が苦手になっている場合や、自分を守るために対人関係を避けるというのは、一概に悪いという訳ではありません。
相手に優しくできたり、相手の痛みを想像することが出来るかもしれません。
自分を敬うことでより力を発揮できるようになる事もあるかもしれません。
「優しさ」とは使い方によって大きな力になるものです。
自分の性格を否定するのではなく、上手く使う方法を考える事が大切ではないでしょうか。
対人関係を上手くやっていくには勇気も必要です。
ですが必要以上に怯える事もありません。
自分以外にも優しさを持った人は沢山います。
そのような人に頼る事も悪い事ではありません。
自分を活かし、他人を活かす方法を見つけることが大切です。

更新日:








pagetop