> 
アダルトチルドレンが人間関係を上手く築く方法

アダルトチルドレンが人間関係を上手く築く方法

アダルトチルドレンが人間関係を上手く築く方法
アダルトチルドレンの方に多い悩みで『人間関係が上手く行かない』というものがあります。
人間関係は社会で生きていくためには大切なものです。
そして、誰しも少なからず悩む問題だと思います。
特にアダルトチルドレンの方は、人間関係で上手く行かない原因を持ってしまっています。
人間関係を上手く行かせようとするためには、まず自分の中にある原因を解決しなければなりません。

アダルトチルドレンが人間関係を上手く築けない理由

アダルトチルドレンの方は、相手の感情に敏感でネガティブな推測から一歩踏み出せないということがあります。
また、相手の感情に気付かず、傷つけてしまうということがあります。
これらは、どちらも同じ原因があります。
それは、相手の気持ちが分からないという部分です。
相手の気持ちが分からないので、敏感に反応して推測で行動します。
相手の気持ちが分からないので、土足で踏み込んで相手を傷つけることがあります。
どちらも分からないから起こる現象です。
アダルトチルドレンの方は親との心のつながりが弱く、心のあり方が安定していません。
人からの評価や自分の安全を守る方ばかり見てしまうので、相手の感情を知る機会が少なくなってしまいます。
それによって、大人になっても感情のあり方が理解しにくい傾向にあります。

人間関係を上手く築くには

人間関係を上手く築くためには、相手のことを知らなければなりません。
相手を知って、自分を知ってもらってこそ関係性が上手く行きます。
そのためには色々な感情は置いておいて、まず相手の話しを聞くということが大切です。
相手の気持ちを先読みして不安になる事もあるでしょう。
相手を傷つけるのではと距離を置きたくなる事もあるでしょう。
ですが、それでは人間関係を築く事はできません。
まずは、相手を知ることによって、自分の中の不安を取り除きましょう。
話しを聞くといっても相手が勝手に話してくれるとは限りません。
自分から質問をする必要があります。
「なにが好きなのか?」
「なにが嫌いなのか?」
「どういう信念を持っているのか?」
「家族はどんな人か?友人はどんな人か?」
その人との関係上に近い質問でもかまいません。
仕事の関係なら、上司はどういう人でどう思っているのか?などの身近なことの方が自分にとっても分かりやすいかもしれません。
そうして話しを聞いているうちに、相手の反応や感情が見えてきます。
相手の反応や感情が分かってくれば、とりあえず分からないという不安が薄まります。
もちろん、話しを聞いて完全に分かるという事はありません。
隠したい感情もありますから全部知る必要はありません。
少しでも理解するということが大切です。
尚、相手に質問する時はできるだけ相手が好きな話しの方が話し易いと思いますので、相手が話したいことを聞くことがおすすめです。
また、これを出来るだけ数多くの人とすることが大切です。
解釈の幅が広まり、更に人の事が分かるようになっていきます。

相手を知ると結果的には自分も変わる

相手を知るだけで、自分の言動も変わってきます。
優しくしたいと思ったり、また話したいと思ったりします。
そうしていると相手も自分のことを知りたいと思ってくれるものです。
良い人間関係を築くにはお互いに知り、信頼を持つ事が大切です。








pagetop